2013年6月30日日曜日

AWS Elastic Beanstalk へ RAP アプリをデプロイする(2) デプロイと実行

前回ポストでは、RAPアプリを作成して、ローカル環境で実行するところまで説明しました。今回はWARファイルのエクスポートと、Elastic Beanstalk 環境へのデプロイを説明します。


WARファイルのエクスポート
p2 リポジトリ http://download.eclipse.org/releases/kepler/ から WAR Products ツールがインストールされていることを前提に説明します。

(WARプロダクト設定の作成)
rapbinding プロジェクトを選択して New > Other... を選択して次のウィザードを表示します:


"Plug-in Development/WAR Product Configuration" を選択して Next をクリックします。


上の画面で、"Use a launch configuration" を選択して、ローカル環境での実行に使用した実行構成ファイル "rapbinding.launch" を指定します。適当な名前を付けて Finish を押します。

(WARファイルのエクスポート)
作成したWARプロダクト設定をダブルクリックしてオープンします。
Configurations ページを表示して(下の画面)、必要なバンドルを追加してください。


Overview ページへ移動して(下の画面)、エラーが無いか検証して、大丈夫なら WARファイルを適当なディレクトリへエクスポートします。


WARファイルのデプロイ
AWS Managment Console を表示して(下の画面)、Elastic Beanstalk を選択します。

次の画面で青枠のボタンを押します。

アップロードファイルの選択ダイアログが表示されるので、下の画面のように設定します。

"Upload and Deploy New Version" ボタンを押せば、アップロードとデプロイが開始します。

RAPアプリの実行
アプリケーションを実行する前に、MySQL Workbench を起動して、AWSデータベースに binding スキーマを作成しておきます。

ブラウザで、URLとして、"app01env の URL"/hello を入力します。



0 件のコメント: