2015年9月23日水曜日

(12)Spring Boot で Web アプリケーションを開発:一つにまとめる

(1)から(11)で取り上げたトピックを一つにまとめてデモアプリケーションを作成しました。
アプリケーションのソースコードは GitHub : bootHealth からダウンロードできます。
以下に作成したデモアプリケーション(健康管理)の機能を動画で紹介します。

バイタル一覧/血液検査一覧

  • ホーム画面からメニューで"バイタル一覧"を選択します。(デモの設定で、自動的に過去1月分のデータが登録されています)
  • チャート表示ボタンを押して、いくつかのチャートを表示します。
  • 「前」ボタンで前ページへ移動します。
  • 再度、チャート表示ボタンを押してチャートを表示します。
  • 「PDF」ボタンを押してPDFレポートを表示します。
  • 「Excel」ボタンを押してExcel ファイルをダウンロードします。
  • 続いてメニューで”血液検査一覧”を選択します。(デモの設定で、登録データはありません)
  • ドロップエリアへ、xls ファイルをドラッグ&ドロップします。
    エクセルファイルの血液検査データがインポートされます。このとき血液検査マスターが未登録の場合はマスターデータもインポートされます。
  • バイタルの場合と同様に、チャート表示、PDF表示、エクセルファイルのエクスポートを実行します。

iPad で Excel をエクスポートした場合:

バイタル測定値の入力

  • ホーム画面からメニューで"バイタル一覧"を選択します。(まだ当日のバイタルは入力されていません)
  • メニューで"バイタルチェック"を選択します。
  • いくつか測定値を入力して、保存します。
  • メニューで"バイタル一覧"を選択します。(今入力した結果が反映されます)

マスター保守

  • メニューで"保守/ユーザー一覧"を表示します。(デモの設定でユーザーが1件登録済みです)
  • 「追加」ボタンを押して追加処理を行います。(いくつかのデータ検証の例を示します)
  • 追加されたユーザーの「削除」ボタンを押して、追加ユーザーを削除します。
  • "バイタルマスター一覧"、"血液検査マスター一覧"でも同様の操作を行います。
  • 次に"薬マスター一覧"を表示します(デモの設定でデータは登録されていません)
  • バイタル、血液検査と同様にドラッグ&ドロップでデータをインポートします。
  • インポートしたデータからプレドニンを選択して、「編集」ボタンを押します(編集ダイアログが表示されます)
  • データの一部を編集して、「保存」ボタンを押します。(編集結果が反映されます)
  • もう一度プレドニンを選択して編集を元に戻します。
  • プレドニン行の情報検索ボタンを押して、プレドニンの情報を表示します。

iPad でバイタルマスターの編集モーダルを表示した場合:

個人カルテ

  • メニューから"お薬手帳/個人カルテ"を選択します。(1件登録済みのユーザー情報が表示されます)
  • タブを切り替えて表示/編集したい情報を表示します。
  • 「病歴など」タブを選択します。
  • 血液型、病歴などを修正して、「保存」ボタンを押して個人情報を更新します。
  • 「病院」タブを選択します。
  • 「検索」ボタン、「電話」ボタン、「ルート」ボタンを押します。


(1)から(11)で取り上げなかったトピックについて簡単に説明します。
このデモアプリでは、タスクスケジューラとメール送信機能を使用してユーザーに薬服用通知をメールします。

メール機能の実装

  • pom.xml: この機能を使用するには pom.xml に以下を追加する必要があります。
  • メール設定クラス com.itrane.boothealth.MailConfg を作成します:

    上記クラスでは、ap_mail.properties のプロパティティ値を使ってメールの設定を行い、Javaメール送信ビーンを作成します。
  • src/main/resources/ap_mail.properties:

    上記の設定では iCloud smtp を使ってメールを送信します。apple ユーザーの場合は、username, password に apple id とパスワードを設定してください。
    apple ユーザーでない場合はお使いの smtp の設定を行ってください。


デモアプリでは起動時に適当な処方箋データを数件登録しています。この処方箋データに対して、指定したスケジュールでタスクを実行します。

タスクスケジューラ機能の実装

  • pom.xml:特に追加するものはありません
  • com.itrane.boothealth.App クラスに次のアノテーションを追加します。
    @EnableScheduling
  • タスクスケジューラクラスを作成します

上記のスケジュールに従ってメールが指定された送信先アドレスに送信されます。

メールのリンクをクリックすれば RESTリクエストにより、送信済みを設定できます。

0 件のコメント: